失敗しない読書のやり方

失敗しない読書のやり方

プチ速読で読書スピードがあがっていくと本を読むスピードが本を買うスピードを上回ることもあります。そうすると新しいのを買えば?となりますが

本はそれなりに値段もしますし、10冊くらい買うだけで1万円は簡単に越えてしまいます。そうすると毎月の出費となるとそれなりかかってしまいますよね。

そんなときに役に立つのが図書館です。基本は無料で借りることも出来ますし、読む場所でも最適です。さらにそれだけではありません。失敗しないためにも図書館の活用方法を考えてみましょう。

プチ速読公式ホームページ

図書館の活用方法

私は基本的に大学の図書館を使っていますが、市区町村が運営している図書館のほうが一般的でしょう。ではどんなことができるのかおさらいしましょう。

本の種類が多い

小説から実用書などはもちろん、新聞、地方紙、地方自治体発行の印刷物、市場には出回っていない絶版本、それにマンガが揃っているなんて図書館もかなり多いです。特に探しにくい過去の本があるのが嬉しいですね。

雑誌にいたっては、最新号はもちろん、バックナンバーを読むこともできますし、普段はなかなか手が出せないジャンルや専門的な雑誌を手に取るチャンスです。

音楽から映画まである

CDやDVDが視聴できるスペースがあったり、貸し出しをしていたりするので、懐かしの音楽を聴いたり、聴いてみたかったアーティストの音楽にチャレンジしてみることができます。

DVDやビデオでは、昔の映画や話題の映画、ハウツーものなど、幅広いジャンルのものを楽しむことができます。

あまり利用する人もいないので穴場です。

落ち着いた空間

図書館は、そもそも静かな場所ではありますが、さらに、本を読んだり、作業がしやすいように、予約したスペースを利用することができる図書館が多いです。

一定時間、研究のために個室を利用できることもあるので、調べ物の時などには、はかどります。特にこういうご時世ですから隔離されているのはいいですよね。

失敗しないで楽しく読書のまとめ

市区町村によって図書館の充実度やサービスの内容も異なっていますが、新しい図書館などは特に、どんどん進化しており、色々なサービスを受けることができたりするので、利用しない手はありません。

そうでないとお金がいくらあっても足りないですからね。図書館は読書する場所としても最適ですしまさに速読を覚えたら利用しないと損です。

プチ速読公式ホームページ
TOPページを見る