自分を変えたいと思うとき

自分を変えたいと思うとき

「自分を変えたい」「新しいことに挑戦したい」と頭の中で思っていても、なかなか実際の行動に移すには至らず、あきらめることもしばしばあります。

どうしてそうなってしまうかと共にその解決方法があれば万事解決に向かうかもしれません。速読で自分の人生を変えたいと思っているのであれば知っておいて損はない内容になりますので見てくださいね。

プチ速読公式ホームページ

変われないときの感情

一歩踏み出そうとしてもなかなか難しいときってありますよね。それはどういうときに起こるのでしょうか。整理してみましょう。

失敗を恐れている

過去に勇気を持って挑戦した経験があるけど、周囲から否定や馬鹿にされたり、失敗に終わって、「挑戦しても意味がない」「自分はできない」という考えが根強く残ってしまって、一歩踏み出すことを妨げている場合があります。

こういうネガティブな記憶が残っており、中々チャレンジできないかもしれません。

やることが漠然としている

人はよく知らないことに対して、なんとなく不安に感じる傾向があります。また、どのくらいの労力をかければ成し遂げられるか分からないので、一歩踏み出す前に億劫に感じてしまい、実行に移せないことがあります。

ゴールが決まってないと道筋も決められないですし、努力するにもやり方がわからないのですよね。

チャレンジ精神を取り戻すには

なかなかチャレンジをするのは難しいのですが、その方法はあるので見ていきましょう。

やることが漠然としている

やはり、自分に自信が持てるか持てないかが非常に重要です。「私はできる」という「自己効力感」を持つことが、新しいことにチャレンジする第一歩を踏み出させてくれます。自己効力感を育むコツは、小さい成功体験の積み重ねをしていくしかありません。

最初はどんな小さなことでも良いので、挑戦できそうと思ったことから始めてみましょう。また、もし達成までの期間が長いことに挑戦する場合は、その中で小さなゴールをたくさん設定すると解消しますね。

成果を得られないと、モチベーションを維持することが難しく、途中で挫折してしまうと、逆に自己肯定感を低くしてしまう恐れがあるからです。小さなことからコツコツです。

失敗しても仕方のないと割り切る

最初から大きなものを狙いに行くと、なかなか踏み出せない一歩も、最初は小さくていいじゃないって思えれば、意外とチャレンジできるかもしれませんよね。

プチ速読公式ホームページ
TOPページを見る