プチ速読で目が回復

プチ速読で目が回復

スマホやタブレットが生活の一部になり、また仕事でもパソコンが欠かせない時代です。年齢関係なく目の疲れを感じる人が増えています。

特にレポートとかを書いているときは目が痛くなって集中力すら落ちてしまうこともあります。

正直現代社会において目を使わないということははっきり言って難しいことです。だからこそ目の疲れをコントロールする方向で動いていたほうがいいと思います。

それではどうすればいいか考えていきましょう。

プチ速読公式ホームページ

目が疲れたというのは?

「目が疲れた」という表現をしますが、目の疲れは時に目のかすみやぼやけという形で症状があらわれることもあります。頭痛や肩こり、吐き気のように目とは違った部位の症状を伴うこともあります。

休めば治るのが疲れ目で休息をとっても回復せずに続いてしまう場合は眼精疲労と呼ばれています。

ではどういう原因でなることが多いのでしょうか。そしてなった場合の対処法などを調べていきます。

目の疲れをとるのは

仕事や勉強でパソコンを使用するだけでなく、日常でもパソコンやスマホが欠かせません。単に使用時間が長いというだけでなく、画面を凝視することで目の乾燥を招くこともあり、目には大きな負担になっています。

そういうわけで何もしないと疲れがたまります。目の疲れは筋肉の疲労によることが多いので、まずは目を休ませてあげるのが一番です。

10分~15分おきには目を画面から離して、できるだけ遠くを見るようにして、目の筋肉を緩めてあげましょう。さらにストレッチとかそういうのをしておくとさらに緩まるので疲れが取れやすくなります。また疲れを取るマッサージをするのもいいかなと思います。

最もオススメなのは一日の終わりに目の上に蒸しタオルを乗せると、目の血行が良くなるので眼疲労が回復しやすいともいわれています。手軽にできる対策ですので私も疲れたときによくしています。

目の疲れを防ぐ習慣を

目を日頃から酷使している人ほど眼精疲労に悩まされがちです。目が疲れる原因を知り、きちんとした対策を行って快適な毎日を過ごしたいですね。

手軽にできる対策法は多々ありましたが、基本的に十分な睡眠時間と偏りのない食事をきちんとすることは目の健康に欠かせませんし、疲れてから何かをするのではなく予防することが大切です。

そういうの予防をしてさらに速読もできるようになるプチ速読、読書は目を使うので有効といえますね。

プチ速読公式ホームページ
TOPページを見る